笑顔の森 〜ポジティブへの扉〜

みんなの笑顔、共感、学びを求めて。

期待しない暮らし

 

本日もブログへのアクセスありがとうございます。今回は「期待」について私が思うこと、経験したことを語っていこうと思います。

 

日本には贈答文化が深く根付いているように思う。挨拶に、お土産に、お中元に、お歳暮に…何かを持っていく。お返しをすることが常識であり、マナーとされている。

 

f:id:egaonomori:20210415080629j:plain

 

そんな国で生まれ育ったからなのかな。私は数年前までずっとお返しをしない人に嫌悪感を抱いていた。

 

例えばクリスマスマーケットで主人の友人(日本に数年住んでいたことがある人で、日本人と結婚していた人)に、可愛らしい鶴の折り紙のデザインのピアスを買った。次に彼女に会った時、彼女に私たらとても喜んでくれ、すぐに付けてくれた。

 

…数ヶ月経っても何もない。私は彼女にがっかりした。その後も似たようなことが何度かあり、その度に落胆した。

 

 

でもある時、何かがきっかけで気づいた。それは…

 

期待しなければいいのではないか。

 

ということだ。自分が買いたくて買ったものを人にあげる。だから相手も自分に何かをくれるべきだ、というのはエゴなのではないか、と考え始めた。

 

相手がもらって喜んでくれるのは嬉しい。でもそれは社交辞令なのかもしれない。

 

きっとみんなにも経験があるだろう。人に何かをもらった時、自分の趣味じゃないものだったとか、食べないOR飲まないOR使わないものだった、とか。

 

f:id:egaonomori:20210415080916j:plain

 

理由はどうあれ、人にはそれぞれ好みがある。人からプレゼントをもらうと嬉しい反面、内容によっては相手に合わないものかもしれない。

 

私も相手が喜ぶと思ってしたことだけど、それって相手が本当に喜ぶものだったのか。もしかしたら喜ぶフリをしてくれたのではないかとも思った。

 

それからというもの、私は誰かに何かをあげる時は見返りを求めないことにした。

 

これは、私がしたいからするのであって、相手からは何も期待しない。見返りを求めるくらいなら、あげない方がいい。

 

と決めたのだ。そう思えるようになってからは、随分楽になった。でも、三つほど気をつけていることがある。

 

一つ目は、相手から誰かに何かをもらったら、できるだけ何らかの形で返す。

二つ目は、人に何かをあげる時は、相手の気持ちを考え、好みや欲しいものをできるだけ調べてからプレゼントする。

三つ目は、相手に買ってあげたというスタンスではなく、自分がしたいからするという気持ちで贈る。

 

f:id:egaonomori:20210415083432j:plain

 

ここで…

 

今までにもらってショックだった(けど今では笑える?)もの集

  • 靴下(分厚いスキー用?のもの) クリスマスプレゼント。サイズも大きく、色も蛍光色…(^_^;) 
  • オリーブの缶詰 こちらもクリスマスプレゼント。私がオリーブが好きだったのが救いだった(笑)。あまりお金がなかったらしいのだけど、だったら無理してくれなくても…。 
  • コロナになってから手作りの革製のマスク 何の動物の、どの部分なのかも分からず、本気か冗談か分からなかったので複雑な気持ちだった(・_・; 色んな意味で衛生面も気になった。 これは去年の誕生日プレゼント。

など。

 

振り返ると私も色んな人に(相手にとっては)変なものをプレゼントしてきたのかもしれないな、と反省した。また、お返しを忘れていたことも何度かあるのかもしれない。

 

でも今後誰かにプレゼントする時は相手のことを考え、思いやりのある贈り物にしていきたい。

 

今日もみんなが笑顔で過ごせますように💕

 

最後まで読んでくれてありがとう╰(*´︶`*)╯♡