笑顔の森 〜ポジティブへの扉〜

みんなの笑顔、共感、学びを求めて。

英会話学校の裏側

 

※この記事は、私は日本の英会話学校に勤めていた時の体験談です。日本の英会話学校の悪評を流すことが目的ではありません。今後英会話学校に勤務したい、英会話に通おうか迷っているという方に、参考になれば幸いです。

 

私が21の時、念願の英会話学校に就職できた。前に私は日本の教育には恵まれなかったと綴った(ブログへの想い 参照)が、学歴はそれほど重要ではなかったので助かった。

 

でも書類選考、グループ面接、ディスカッション、個人面接など合わせて5段階ほどあった審査をクリアせねばならなかった。だから内定が決まった時は心から喜んだし、奇跡だと思った。

 

f:id:egaonomori:20210313140219j:plain

 

その当時、英語のレベルは日常会話も危ういくらいだった。何故そんな私が受かったかというと、その職は英語講師ではなく、マネージャーという名の営業職だったからだ。

 

マネージャーとは名ばかりで、ただきついだけの総合職兼営業職(会社の営業、学校の総合職と雑用といった感じ)だった。仕事内容は、学校運営、新規の契約、宣伝(看板作り)、在学生の更新+契約、学校内の掃除、飾り付け、イベント企画と進行、講師とのミーティング、生徒の悩み相談等。これを一人でこなさなければならなかった。

 

営業なのでもちろんノルマがある。学校の大きさにより違ったが、私の学校は一日約40〜50万円の売り上げが必要とされていた。

 

入社したての頃はやる気もあり、頑張った日は50万〜100万円もの売り上げがあった。

 

しばらく勤務すると、気づいたことがある。それは、在学生に更新を促すということ。よく考えると、生徒がレッスンに満足しているなら自分から更新を申し出てくるだろうし、わざわざこちらから(何度も)アプローチしなくても…と思っていた。

 

この会社は、

  • 新規(入学に興味のある)にはとにかく教材の良さを伝える
  • 新規には優しく人気のある先生と話をしてもらう
  • 在学生のファイルをとことんチェックし、契約が切れそうな人、下手したら3ヶ月前から更新させるよう促す
  • 担当の講師から説得してもらう

というやり方だったので、無理矢理契約させてしまっているのではと疑問を抱き始め、申し訳なくなってきた。

 

f:id:egaonomori:20210313134922j:plain

私も(おそらく他の社員も)酷い扱いを受けた。

  • 一時間に一度本社から電話がかかってきては、売上状況を確認された。
  • ライバル校による嫌がらせ:時間をかけて看板(宣伝)を作ってもライバル校の人に倒されたり、側にあった低木の茂みに捨てられていたことが何度もあった。
  • 連絡なく本社の人間が何度か偵察に来た。↑この看板が捨てられているのを見かけても「倒れてたよ。」とか「捨てられてたよ。」と言うだけで、自分で直そうとはしなかった。
  • 夜9時まで(これが定時)でそこから自宅の最寄りの駅まで電車で45分〜1時間+徒歩なので夜道が怖かった。
  • 一度残業により終電で帰った時男性に襲われかけた。これを本社の人(女性)に話すと、「だから何?」と返された。

これだけではないが、こんなことが多々あり、やる気がなくなってきた。唯一の救いは、学校の講師と生徒が本当に家族のようにいい人たちだったことだ。何度も辞めたいと思った時、申し訳なく感じたのは会社にではなく、講師と生徒を裏切ってしまう気がしたからだ。

f:id:egaonomori:20210313143540j:plain

 

この記事を通して私が伝えたいことは、

 

英会話学校に就職希望の方は、このような学校もあるので、十分に調べて考えた上で結論を出して欲しいと言うこと。

 

英会話学校に通おうか迷っている方は、次の点、考えてみて欲しい。

  • 評判がいいかどうか、レビューなどを読む。
  • 一回(単価)いくらなのか計算し、その価値があるか見極める。
  • 英会話学校は更新、契約のプレッシャーがあるのでスタッフやマネージャーはピリピリしている(ことが多い)。先生も更新を勧めてくる場合もある。
  • スタッフも講師も出入りが激しいということ。
  • 契約する前に質問や話を親身になって聞いてくれるかどうか。

 

これはずいぶん前の体験だが、私が勤務していたような会社は残念ながらまだ存在すると思う。私の体験はほとんどネガティブなことばかりだったが、その中にも講師や生徒という救いがあった。

 

私が辞める前に、一人の生徒が更新しようか迷っていると相談してきた時、私は彼女にこう言った。

 

迷ってるならお金を貯めて、英語圏で英語を学んだ方がいいと思いますよ。その方が学ぶことが多いと思います。

 

会社の利益を考えれば、続けるよう促しただろう。でも本当に彼女のためになることを考えたらこう言っていた。本社の人間が聞いていたらキレられていただろう(笑)。

 

内部のことを知っていたし、会社の都合でもう生徒を巻き込みたくないと思った。

そして、彼女は更新しないと決めた。

 

私のような被害者が減りますように。

 

※今回のは少し暗い記事になってしまい、すみません。もちろん全ての学校のことではありません。この私の体験が、誰かのお役に立てたら嬉しいです。

f:id:egaonomori:20210313143935j:plain

今日もみんなが幸せに過ごせますように💕

 

最後まで読んでくれてありがとう╰(*´︶`*)╯♡